奥秋整形外科 リウマチ科 リハビリテーション科 整形外科

基本情報

地域
東京都> 品川区> 南大井
診療科目
リウマチ科 リハビリテーション科 整形外科
特徴
駅近
更新日
2018年7月25日

診察時間

時間帯
09:00〜12:30
15:00〜18:30

◯ 診察 — 休診

土曜日は12:30まで
休診日について: 特になし

アクセス

住所
140-0013
東京都品川区南大井六丁目24番9号  興産大森ビル4階
アクセス

京浜東北線 大森下車 徒歩3分

駐車場
登録なし
地図検索を行う 地図から病院を探すことができます

奥秋整形外科からのお知らせ

奥秋院長略歴

  • 東邦大学医学部付属大森病院(整形外科学第1講座)で研修
  • 横浜東邦病院へ出向
  • 東邦大学医学部整形外科学第1講座研究生
  • 同上助手
  • 大森赤十字病院へ出向
  • 東邦大学医学部整形外科学第1講座助教
  • 奥秋整形外科開設

[資格・所属学会]

  • 日本整形外科学会専門医
  • 脊椎脊髄病医
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会
  • 日本骨粗鬆症学会
  • 日本リハビリテーション学会
  • 日本リウマチ学会

 

クリニックの特徴

[股関節・骨粗しょう症]

奥秋院長は全般的に診ますが、特に股関節と骨粗しょう症は得意です。奥秋院長は言います「第一に術後の患者さんはリハビリをしても、なかなかすぐに歩けない患者さんも少なくありません。そういった弱い患者さんを通院によるリハビリでゆっくりと着実に治してあげたい。第二に骨粗しょう症の患者さんは全国で1200万人いると言われていますが、その20%~30%しか治療をしていないんですよ。骨粗しょう症の予防をもっと地域のみなさんに啓蒙していきたいという二つの観点から開業しました」明確な目的意識と使命感を持っていらっしゃいます。

日本は長寿国でありますが、本当の長寿はねたきりではなく、“健康長寿”でなくては意味が無い。人は歩けなくなることによって一気に活動範囲や意欲が衰え、老いていきます。足は本当に大事です。自分では気づかない、骨粗しょう症や股関節疾患を未然に防ぎ、日ごろから物理療法や運動療法を使って長生きできる足腰を維持します。院長の他に、フィジカルセラピスト(PT)さんが2名とリハビリスタッフ3名が患者さんの治療にあたります。

編集者のひとこと

JR大森駅東口を降りて約3分、西友手前に「奥秋整形外科」の看板発見。駅近で便利です。来週から開院とあって、クリニックは業者さんが多数いました。そんな中、取材させていただきましたが、奥秋院長は明るくとても優しい先生で「一方通行にならない様にするようこころがけます。少しでも豊かな生活を送っていただくのが私の使命です。そのためにも十分にカウンセリングをして正しい治療をします」とていねいに理念を語ってくださいました。最新の設備も揃っていて万全の体制であなたを待っています。

掲載している情報について

掲載している情報は、株式会社ホロスプランニングが独自に収集したものです。 (※診療時間や診療科目については一部、病院・診療所の責任において情報提供されたものを含みます。)

正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。

また、臨時休診や受付時間の変更、予約等が必要になる場合もございます。 事前に電話確認の上、来院される事をお薦めいたします。